低金利でフリーローンスペック比較

 

新生銀行レイクの特徴

金利は4.5%〜18%、即日融資可能で1万円〜500万円まで借り入れ可能です。30日無利息や180日無利息が選べてお得なカードローンです。銀行のローンですので総量規制の対象外となっています。

価格 0円
評価 評価5
備考 新生銀行カードローンのレイクです。
新生銀行レイクの総評

初めての方は30日無利息、180日無利息になる可能性があります。詳細は公式ページで確認してください。

 

低金利でフリーローンを利用するためには

低金利でフリーローンを利用する場合、まず貸付限度額が大きなフリーローンを選択すると、それだけで低金利が狙えます。法律で定められている上限利息は、10万円未満で20%、10万円異常100万円未満で18%、100万円以上は15%となっています。多くのフリーローンは「現時点で借りている金額に対して」の金利を適用しているのではなく、審査のによって個人に与えられた貸付限度額に対して適用します。100万円の貸付限度額を与えられて5万円しか利用していなかったとしても、適用される金利は最高でも15%です。はじめから貸付限度額を50万円までと決めているような商品に比べ、それだけで低金利になる可能性があるのです。100万円も300万円も15%を適用することは法律上問題はありませんが、そこに金利差を付けていない商品のほうが少なく、貸付限度枠が大きくなるほど低金利が期待できます。
またフリーローンを扱う金融機関の種類によっても、金利におおよその違いがあります。一番低金利が期待できるのは銀行、その次が信販会社や消費者金融といった貸金業者になります。銀行の場合には保証会社によって金利が変わることもありますし、給与振込や引き落としといった取引状況に応じて、金利を優遇している商品もあります。
貸金業者の場合は銀行に比べ一様に金利は高めですが、取引や信用の状況に応じて金利を優遇するケースも見られます。特に大手は金利に柔軟に対応しています。
銀行や貸金業者に関わらず、審査が厳しい商品ほど低金利で貸し付けられる傾向にあります。金利の高低は「焦げ付きの可能性が極めて低く、借りてほしいと貸しつける側が考える属性の人に低く設定されるもの」で、「回収に不安材料がある属性の人」に対してはその段階に応じて金利を設定されます。このように信用が金利に反映します。審査が柔軟な商品ほど高金利で、審査が厳密になるほど低金利になるのはそのためです。
またフリーローンの中にも不動産を担保にするものがあります。それはさらに低金利となる可能性があります。

 

低金利なフリーローンでも返済の計画を立ててから使おう

フリーローンとは、使いみちが決められていないローンのことです。
好きなことに使うことができますから、非常に便利ローンといえるでしょう。
このフリーローンは、使いみちが自由なだけでも便利なローンなわけですが、低金利ならさらに便利に使うことができます。
低金利なフリーローンだと、高金利な場合に比べて利息の額が少なくなりますから、返済をするときに負担を減らすことができます。
負担が少ないなら、ちょっとお金が足りないときにフリーローンを利用してみると良いでしょう。
なにしろ使いみちが決められていないので、どのような使いみちでも文句を言われることはありません。
生活費にも使っても良いですし、欲しくて買えなかったブランドものを買っても構いません。
お金がなくて諦めていたことに、使っても良いでしょう。
しかも低金利なら利息が少ないので、良いことずくめといえるかもしれません。
しかし、低金利なのでどれだけ負担が少ないといっても、フリーローンは借金です。
返済をするときには、たとえ低金利だといっても、利息を上乗せして返済しなければいけません。
多額の借り入れをしたり長期間借り入れをしていたりしたら、低金利でも積み重なれば利息の額は膨らみます。
使いみちが自由で負担も少なくて便利だからといって頻繁に利用していては、返済不能になることもあります。
さらに返済不能になると、もともとは低金利のフリーローンであっても、割高な遅延損害金を支払わなければいけません。
苦しい返済から抜け出すことができなくなりますから、安易にフリーローンを利用するのは止めてください。
ブランドものを買ったり旅行のために使っても良いですが、必ず返済のことは考えてフリーローンでお金を借りましょう。

少しでも返済のことを考えて、どうすれば返済できるか計画を立ててから利用するなら、好きなように使っても構いません。
好きなように使えるのは、計画を返済の計画を立てられる人に限られるのです。

 

低金利のフリーローンはお得でリスクが小さい

一般的なフリーローンとは借りたお金の用途が制限されない融資であり、住宅ローンや自動車ローンのような決められた目的に限らず、生活費の埋め合わせや急な出費の支払いに使用できるという自由度の高さが特徴です。
しかし、単純にフリーローンといっても消費者金融が提供するものから銀行のサービスまで幅広い種類が存在していて、可能な限り低金利の融資を選ばないと利用者側の負担も大きな状態となってしまいます。
更に契約内容の詳細は金利だけでなく返済方法まで異なる傾向を持っており、これらの要素によって支払う利息の割合が大きく変わってきます。
基本的には消費者金融よりも銀行か銀行系企業の提供している融資プランの方が低金利設定となっていて、申し込み後の審査がやや厳しい特性を持っています。
その為、審査に通る状況かつ長期間利用を続けるのであれば、消費者金融より銀行のサービスを優先的に選んだ方が安く済ませられる可能性が高いとも言えます。
一方で、企業によっては無利息期間などの特殊な融資が用意されている場合もあり、借りる金額や日数次第では必ずしも消費者金融の融資が不利になるとは限らない点に要注意です。
また、カードローンタイプに該当するフリーローンの多くは、与えられた融資枠の金額範囲内で何度も借り入れや返済を任意に行える仕組みが採用されていて、返済方式はリボルビング払いが主流となっているので利用者の負担が小さいという特徴があります。
このタイプは長期的に融資を受けたい状況において利便性が高い反面で、完済までに日数を要する他に気軽さから借りすぎの状況を招くリスクも常に伴う為、リボルビング払いに頼らず計画的に返済できるかどうかが重要なポイントとなります。
分割払いや一括返済が主軸となる融資と比較しても、リボルビング払いを用いる際はより低金利な設定が求められる傾向となっており、日数経過による利息の増加を少しでも抑えないと、毎月の利息が返済額を上回ってしまう状況へ陥る事も考えられます。