MENU

低金利でフリーローンを利用するためには

低金利でフリーローンを利用する場合、まず貸付限度額が大きなフリーローンを選択すると、それだけで低金利が狙えます。法律で定められている上限利息は、10万円未満で20%、10万円異常100万円未満で18%、100万円以上は15%となっています。多くのフリーローンは「現時点で借りている金額に対して」の金利を適用しているのではなく、審査のによって個人に与えられた貸付限度額に対して適用します。100万円の貸付限度額を与えられて5万円しか利用していなかったとしても、適用される金利は最高でも15%です。はじめから貸付限度額を50万円までと決めているような商品に比べ、それだけで低金利になる可能性があるのです。100万円も300万円も15%を適用することは法律上問題はありませんが、そこに金利差を付けていない商品のほうが少なく、貸付限度枠が大きくなるほど低金利が期待できます。
またフリーローンを扱う金融機関の種類によっても、金利におおよその違いがあります。一番低金利が期待できるのは銀行、その次が信販会社や消費者金融といった貸金業者になります。銀行の場合には保証会社によって金利が変わることもありますし、給与振込や引き落としといった取引状況に応じて、金利を優遇している商品もあります。
貸金業者の場合は銀行に比べ一様に金利は高めですが、取引や信用の状況に応じて金利を優遇するケースも見られます。特に大手は金利に柔軟に対応しています。
銀行や貸金業者に関わらず、審査が厳しい商品ほど低金利で貸し付けられる傾向にあります。金利の高低は「焦げ付きの可能性が極めて低く、借りてほしいと貸しつける側が考える属性の人に低く設定されるもの」で、「回収に不安材料がある属性の人」に対してはその段階に応じて金利を設定されます。このように信用が金利に反映します。審査が柔軟な商品ほど高金利で、審査が厳密になるほど低金利になるのはそのためです。
またフリーローンの中にも不動産を担保にするものがあります。それはさらに低金利となる可能性があります。